猫の名はプーチン~The silly alley cat's blog~

プーチンさんは元地域のボス猫 ロシアからじゃないけど愛をこめて(笑) ~大好きなSeattleと本と猫と寺社参拝と...その時の気分で書いてます~

13日の金曜日にパリで起きた出来事について ~Twitterの反応を読みながら感じたこと~

 今朝、Twetterを見て驚いた。なのにTVは平常運転。欧米メディアは大騒ぎなのに、日本は本当に平和な国だなぁ、と思いながら出かけていたので、夕方まではリアルタイムで見ていなかったけど、夜になってもTVは思ったほど時間を割いていない感じ。
 ここで、朝から気になったtweetと自分のtweetをまぜで並べてみました。

 今回のこの事件、ISISが犯行声明だしたようですが、まだまだ全容はわからないので、少し思ったことを、書き留めておこうと思います。

 まず、フォロアーさんんたちの感想もひとそれぞれなのですが、ここで国内組と国外組(欧州の方多め)で見方も少し違うよう。

 内外でメディアも掲載している写真のインパクトが違います。上念司さんのtweetされたリンク先の写真はそのものずばりのご遺体の数々。臨場感がびんびん伝わってくるようなものでした。

 私のフォロアーさんがらみでtweetを読んでいるので偏りはあると思いますが、海外組の方々は、パリ以外で起きているテロや事件に言及されている方が多く見受けられます。

 パリの同時多発テロは、パリという世界有数の都市で、オランド大統領が出席されていたドイツとのサッカー国際マッチの会場だったり、ライブ会場だったり、レストランだったりすること。さらに同時多発のうえ、要人もその場にいたTV中継中に起こったことも、世界中に大きな衝撃を与えた要因でしょう。9.11の再来のように、世界中に祈りの光が灯ったのもわかります。

 ただ、多くの方がつぶやいておられる様に、トルコでもレバノンでもシリアでも・・・表に出てこない、中国などでも様々な惨事は日々起こっているのです。

 命って、当たり前だけど1つしかない。それが、パリであろうベイルートであろうと消えゆくのは同じこと。家族や友人、知人にとっては、大切な人が目の前からいなくなることは一緒なのです。

 それは、天災でもテロでも交通事故でも病死でも、本人にとっても関わりのある人にとっても、実は同じなんじゃあないのかなと思うのです。

 

 話は少し変えますが、この事件でまた「安倍が悪い」と意味不明の事をおっしゃっている方がおられるようですが、この件に関して安倍首相がなにかなさったのでしょうか?

 少なくとも、今回の事に我が国も政府もまったく無関係ですね。どうしてそうなるのでしょう?この問題の元は、中東や移民そして難民問題だということ頭に入れておかなければなりませんね。

 

 ところで、「サッカースタジアムで避難したサポーターたちはみんなでフランス国歌を歌って心をひとつにしていた」そうですが、フランス国歌の歌詞をご存知ですか? フランス革命の歌なのですね。

 実際多くの国々の国歌も同様です、アメリカ、韓国、中国、ベトナムetc.国歌とは意外と血なまぐさい物なのです。ちなみに、我が国の国歌「君が代」にはどこにもそのような歌詞はありません。

 

 これから、この問題がどういうふうに発展していくか鎮圧されていくのか、注意して見守っていこうと思います。

 

 

www.youtube.com

 
 
 
47日目 出かける前には見かけなかったあほうさん
          実は5時ごろ来ていたそう、今日は会えず(;_;)
f:id:annesea:20151114204546j:image