猫の名はプーチン~The silly alley cat's blog~

プーチンさんは元地域のボス猫 ロシアからじゃないけど愛をこめて(笑) ~大好きなSeattleと本と猫と寺社参拝と...その時の気分で書いてます~

友達が病気になったら ~Seattleからのメール~

昨日、Facebookメッセンジャーで、ながぁ~い英文のお手紙を頂いた。
 
久しぶりの長文に目がテンになりながら読み進めていった。はじめはいつものフレーズ。"We miss you soooo much..."
 
ふむ、また部屋が散らかったんだな(笑)などと思いつつ読み進めて行ったら、どうやら病気について書いている。
それもあんまり聞いたことのない英単語が並んでいるので、グーグル先生と英辞郎さんを駆使してみたが、わからない。。。どこか、スペルが間違っているのかなぁ~と思いながら、本人に確認。でも、ヒットしない(-.-)
じ~っと、眺めていたら、ん?んんっ??Chrons disease・・・クローン病

クローンがどうしたんだろ?なんてdiseaseぬかしてたらわかんなかったけど(おばかTT)、確か。。日本では難病指定になっていた腸の病気じゃなかったっけ?これ???と思いながら、ググる。。

そうかぁ~ このせいだったんだぁ~ (*_*)

実は1年前の滞在の時、彼女には散々振り回されて。。。まぁ、いつもの事なんだけど、あの時はかなり酷くて病気ネタも絡んで、何がホントで何が嘘かわからなくなって、ほかの友人に「あなたのバケーションでしょ?」と心配されるほどだったけど、まさかこんな病気になっていたとは。。。

あの時、身体の異変の事は聞いていたけど、すべての事に整合性がとれなかったので、かなり疑いもしたのだけど、どうやらお医者さんの誤診もあったらしい。

こういう時、言語が不自由なのは困る。

日本語では、理解できても英語になるとかなり難しい。まったくもって厄介だ。アドバイスもしづらい。日本語で調べて、英語のwebサイト探して見つかればいいけど、毎度難航する。

 

そういえば彼女、今年の春ごろヘンテコなことをFBに書いていたのを思い出した。あれはこの病気の治療の一環だったんだな。

それにしても、寄生虫療法って相変わらずチャレンジャーだわ。

病名が2つ書いてあったんで、一応息子に確認したら、クローン病があっていて、もう一つのは違ったらしい。

ulcerative colitis 潰瘍性大腸炎 症状よく似ているから専門医じゃないと判断が結構難かしいそうだ。

そういえば、安倍首相も潰瘍性大腸炎に悩まされていたはず、今は新薬のおかげでコントロールされているらしいけど。。

 

allabout.co.jp

 

 

gucchoi.com

 どちらにしても、完治する病気ではないらしいので、コントロールしながら付き合っていくしかないみたい。

 

昨日、調べながらTweetしてたらこういうのが届いた。

 そして返信したら、お返事が届いた。

そうだなぁ~ その通りだなぁ~ ただし、相手は女王様でかまってちゃんだから、それを踏まえて声をかけなきゃいけない。

どうやら今のところ落ち着いているみたいだから、とりあえず返事はしておこう。

 

それにしても、腸の病気って大変そう。

 

アクトケア ビフィズス菌末BB536(2gx30本入) 4902720078757

アクトケア ビフィズス菌末BB536(2gx30本入) 4902720078757

 

 こういうの効くのかなぁ~? もう少し調べてみよう。

 

 

 
 
 70日目 最近ちょっと食事がグレードアップして贅沢になりました
   目元(目ヤニ)気になるけど、触れないのでとれない 
     でも、毛並みはよいのです
f:id:annesea:20151207210724j:image