猫の名はプーチン~The silly alley cat's blog~

プーチンさんは元地域のボス猫 ロシアからじゃないけど愛をこめて(笑) ~大好きなSeattleと本と猫と寺社参拝と...その時の気分で書いてます~

良い天気だったので年貢を納めに行ってきました ~我が家は出雲屋敷なのです~

今朝、出雲大社美作分院に屋敷年貢を納めにお参りをし、祈祷をしていただいてきました。
 
f:id:annesea:20151226155956j:image
 
家を建てた時に、我が家は出雲屋敷(といっても普通の家)にしていたのですが、その後は長い間ほったらかしにしていました。
というか、我が両親とても無知というか、ホントいい加減でこういう事がまるで疎いのです。
 
父の妹の嫁ぎ先が材木屋さんだったので、家を建てるすべておんぶだっこ肩車状態だったので、出雲屋敷にしたのも、どうやら親戚の方が地鎮祭などの手配をして下さった結果のようです。
と、いう訳で、信心のない無知な人が、お参りやお祀りする方法など知るわけもなく、放置状態で長い間過ごしていました。
 
毎年12月になると1通のはがきが届きます。それが、金の御幣を交換にというご案内なのですが、つまり年貢ですね。
我が家は昭和49年の12月に地鎮祭を行ったようでこの時期になるようです。
そのはがきを読みもせず、ずっとスルーしていたのは、母。
勝手に「詐欺のはがき」だと思い込んでいたのです"(-""-)"
読みもせずにあれなんですが、昔はどうやら家々を回って出雲の神様のお札(ニセモノ)を売り歩いていた人がいたらしいのです。なので、「詐欺のはがき」(-_-;)
ばちあたりですね。。。
 
f:id:annesea:20151226160020j:image
 母が病気になったからという事でもないのですが、あれを機に出来ることはやるように心がけています。
 
ちなみにうちの両親、出雲大社美作分院結婚式もしているのですね。
実は縁は深いのです。
 
年貢を納めると、金の御幣とお守り(人数分)・祈祷済のお米・紅白のお菓子・あとは抽選券つきの会員証を頂けます。
 
写真に写っている大黒様は、2年前に抽選に当選して頂いたものです。
 
ちょうど新年を迎えるこのタイミングで家族でお参りを済ませることができました。
なんとなく清々しい気分です。
 
 
 
 89日目 出かける時はウラさんが、帰ってきたらあほうさんが待っていました。
     彼女は侵略者におびえている模様です。
f:id:annesea:20151226160121j:image