猫の名はプーチン~The silly alley cat's blog~

プーチンさんは元地域のボス猫 ロシアからじゃないけど愛をこめて(笑) ~大好きなSeattleと本と猫と寺社参拝と...その時の気分で書いてます~

作州牛のそずり肉と大根の炊いたん(煮物) ~我が家ではそずり鍋よりこれなんです~

私の住む街 岡山県津山市の郷土料理?として県民ショーでもとりあげられた、そずり鍋
 
でも、我が家では作ったことありませんw
 
先週、父の友人が「そずり肉を買う」っていうので便乗して、うちも1㎏一緒に購入してもらいました。
 
そずり肉っていうのは、この地方の方言「そずる」=「削る」から来ているんですが、いわゆる中落の部分です。
 
地元でも、手に入りづらいものではあるので、うちの場合はお肉屋さんにたのんでおくことが多いのですが、今回は便乗。
 
で、届いたお肉がこちら↓↓
 f:id:annesea:20160207220301j:image
 
かなり良い物が手に入りましたヽ(^o^)丿
 
なので、まず半分の約500gを使って大根とこんにゃくで煮ものを作ることにしました。
 
我が家の定番は、そずり鍋てはなくこれなんです。
 
f:id:annesea:20160207220452j:image
 
用意するものは
 
そずり肉 500g
大根1本 
こんにゃく2丁 
醤油(濃い口)
お酒 
だし(パックでも、顆粒でも可)
みりん
砂糖
 
こんな感じ
 
 
まず、こんにゃくはちぎって湯通しします
(こんにゃくちぎるのって、ストレス発散できるので好きw)
 
大根は鉛筆を削るように斜めに切ります
(大根の皮はむきません、むきたい人はむいてください。我が家では皮のところに栄養があるという事で、そのまま使用していますが、世の中的にはずぼらなのでしょうか?)
 
お湯が沸いたところにこんにゃくを投入
お湯の分量はこんにゃくがかぶるぐらいにしています
f:id:annesea:20160207220633j:image
 
こんにゃくの上に、大根を投入 上にだしパック1個
(うちのは鳥取産のあごだし、でも牛肉からだしが出るので入れなくてもいいです)
 
f:id:annesea:20160207220728j:image
 
まずはお酒を大量投入、なんなら最初もお湯じゃなくてお酒でいいです
うちの父は、酒だけ派です(昔、小料理屋の女将さんに習たらしい)
それを私がが勝手にアレンジをしました
 
砂糖、みりん、醤油で自分好みの味にします
甘いの好きかどうかで煮込みながら味を調整してください
 
f:id:annesea:20160207220848j:image
 
大根が煮えてたら、そずり肉投入!!
 
f:id:annesea:20160207220917j:image
 
あくが出てきたところで丁寧にあくをとる
ダイソーで売ってるあくとりお玉は便利です)
 
f:id:annesea:20160207220936j:image
 
あくをとってから中火にしてお肉に味がしみこむ程度に煮込む
 
f:id:annesea:20160207220956j:image
 
味は、濃くならない程度に、と思っています
今回は甘めにしてみました
 
 
で、出来上がりぃ~♬
 
f:id:annesea:20160207221057j:image
 
一日置いても美味しいです♡
 
のこったお汁は、うどんを入れて食べても美味しいですし、父は「明日お餅を入れる!!」と言っていました。
 
お汁も栄養の塊
美味しいですからね)^o^(
 
そずりはこの地方独特の物かどうかわからないのですが、私も関西では見たことありませんでした。言えばあるのかもしれません。お肉屋さんに聞いてみて下さい。
 
 
ちょっと検索していたら
東京でもそずり鍋が食べられるお店がありました

tabelog.com

 

という訳で、今回もレシピにならないレシピでしたw

 

 関連記事

 

annesea.hatenablog.com

 

 

annesea.hatenablog.com

 

 
 
 
132日目 ぬこたちは喧嘩ばかりしているわけでもなさそうで、今日はあほうさんがうらさんにソーセージわけてあげてました。
とりあえず上下関係が確立されたのでしょうか?? なぞw
f:id:annesea:20160207221407j:image