猫の名はプーチン~The silly alley cat's blog~

プーチンさんは元地域のボス猫 ロシアからじゃないけど愛をこめて(笑) ~大好きなSeattleと本と猫と寺社参拝と...その時の気分で書いてます~

日本の片田舎でパリの出来事をベルリンの新聞から勝手に読み解いてみた ~ドイツの地方誌で伝えていたこと~

 13日の金曜日に起こったパリのテロ、日本でも連日報道されていますが、ほぼほぼ横並びの内容。私は、アメリカとかの英語のニュースはある程度わかるのですが、EU圏のフランス語、ドイツ語の話まではさすがに(笑)と思っていたら、たまたまドイツに出張中のお知り合いの方から、興味深いメールを頂きました。ご本人の了承を得たのでここでまとめておこうと思います。
 
 実は、このニュースを聞いた時に1番気になっていたのが、サッカーの親善試合で、「フランスvsドイツ」「オルランド大統領が出席」そして「当日の朝にあった脅迫電話」なのですが、その後のニュースなどでは、ドイツの話題は意外なほど少なくて逆に何かあるのかな?なんて勘ぐっていたのです。

 

 

❝今朝(11/15)の、ベルリンの地方誌 DER TAGESSPIEGEL( デアターゲスシュピーゲル・日曜版) ちょっと面白い記事を読みました。
 「数日前にミュンヘンザルツブルクの国境で、フランスへ向かおうとしていた車一台が検閲にひっかかり、大量の武器や爆薬が押収されました。パリのテロは実際には、 パリ郊外のスタジアムで開催されていたサッカーフランスとドイツの親善試合が真のターゲットだったのではないか? つまり、押収されたため、計画に狂いが生じたのではないか… イスラム主義に宣戦布告してしまった、フランスのオルランド大統領は敵のミスにまんまとはまってしまったのではないか?」 (メールより:引用・一部修正)
 実は彼女、バイエルンで取引先との商談を終えて、週末はミュンヘンからザルツブルクで休暇と取る予定だったそうなんですが、国境検閲に数時間かかるという事を耳にして、気分が萎えて、あきらめて金曜日にベルリンに戻られたそうなのです。
 
 メールには❝ドイツは全国紙とローカル誌の位置づけが日本とは違うので...❞と書かれていたのですが、これはアメリカもなのでなんとなく解ったのですが、日本のように横並びで「共同通信から配信されたニュースをそのまま掲載する」ようなことは少ないのだと思います。
 なので、このデアターゲスシュピーゲルの記事も独自取材に基づいて書かれているものだと思います。
 
 これはドイツの新聞なので、ドイツ目線で書かれている訳ですが、この話まだ表に出てきていませんね? ちょっと気になります。
 
 今、日本のメディアでは、7つのターゲットについて語られていることが多いと思うのですが、彼女は、7つのターゲットの“計画性”自体が疑われる内容ではないか?とこの記事を見て感じておられるご様子。あと、❝これはドイツとフランス、すなわち、西洋の“価値共同体”を狙ったと推測できます。日本のマスコミではあまり聞かない言葉ですけど、“人権や自由を尊重する価値共同体”という言葉は政治家の演説や新聞で耳にタコができるくらいよく聞かされる言葉なんです。テロリストを動かす黒幕たちは、自爆テロリストたちや首斬りテロリストたちと違って、おそろしい知性派です。ロックコンサート会場やカンボジア料理店をターゲットにすることなど、考え付かないはずです。大きな目的が失敗して、こうなったとしか考えられないと思うんです。(引用)と思っておられるそうです。
 これに対して私は、サッカーの親善試合がメインターゲットだったのは同じなのですが、ロックコンサートやカンボジア料理店にも意味があったのではないかと思っています。
 記事から推測すると、今回、サッカー会場が正直思ったような成果をあげられなかったのかもしれません。確かに数で言うと不謹慎ですが失敗に近いでしょう。ただ、やはり国家元首が参加している場で、あのような惨劇が起きてしまったのですから、ドイツ代表に注意を逸らす為?に脅迫電話があった時点で、なんらかの対策はやはり必要だったのではないかと思います。
■ロックコンサートは音楽は信仰を迷わせる悪魔のささやき
■レストランでの食事(アルコール摂取含む)もイスラム教的には・・・
つまり、どちらにもある程度の意味はあると思うのです。
 ロックコンサートの会場だった、Bataclan(バタクラン)有名な会場で、しかも当日は、アメリカのEagles of Death Metal(イーグルス・オブ・デス・メタル)という、イスラム教徒がとても嫌うようなアーティスト。
❝ファンを見捨てて、すたこらさっさとアメリカへ逃げ帰ってしまったバンドのフロントマン、ジョセ・ヒューズは悪名高き全米ライフル協会の会員だそうです。まったく腰抜けですね!❞(メール引用)とくれば尚更ではないでしょうか?(勘ぐりすぎ?w)
 
 テレビ報道で言っているネタは端折って、関係ないところから思ったことを書いてみたのですが、これは私と彼女の推理によるメールのやり取りの一部です。
(なので、陰謀論的かもしれませんが、さらっと読んでください。)
 
 キーワードはフランスでドイツとアメリカを巻き込んだ、このパリの同時多発テロ。まだまだISISからの様々なメッセージが含まれているのではないでしょうか?
 
 これを書いている間にも様々なニュースが入って来ています。これから世界はどのようになっていくのでしょう?

 

関連過去記事

nnesea.hatenablog.com

 

annesea.hatenablog.com

 

    

 49日目 あさ、早く降りて行ってやらなかったら
当てつけか玄関にpoopをしてくれたあほうさん 本日は名前通りなり(-_-;) f:id:annesea:20151116201616j:image