猫の名はプーチン~The silly alley cat's blog~

プーチンさんは元地域のボス猫 ロシアからじゃないけど愛をこめて(笑) ~大好きなSeattleと本と猫と寺社参拝と...その時の気分で書いてます~

ぴんぴんころり  ー医療費がついに40兆円を超えていたらしいー

 2013年度の医療費が初の40兆円超えていたんですね。

というTweetみて、ニュース見てみたら

news.tv-asahi.co.jp

www.nikkei.com

 

 あ~そうですね、我が家も両親が本当にお世話になっております。

 ここ数年で何度手術や入院をしたのでしょう?これが現役時代で年金受給前だったらと思うだけでぞっとします。

 私は、このところ、健康診断的な検査と歯科の定期点検、ときどき風邪程度で、もっぱら病院は付き添いですんでいるので、予防に努めている成果が出ているようです。1年前に回ってるお寿司のホールのお仕事を辞めてから、体重が増えて痩せ気味から標準近くに体重が増加してしまいましたが、それは逆に健康には良いレベルらしいので(笑)

 今日は朝から、市の福祉課の方とケアマネさんが来られて、母の要介護認定の更新のための調査がありました。今回はどんな判定になるのかなぁ?と思っています。
  うちの母は2011年の4月5日にくも膜下出血で倒れたのですが、それまでも色々あって、幾度となく病院に連れて行こうと努力はしていたのですが、なにぶん、ものすごく拒否されるので、さすがに縄でしばって連れていくわけには行かず、その日を迎えてしまったわけです。
 今から思えば、「耳鳴り=高血圧」「いびき=睡眠時無呼吸症候群」など、思い当ることはたくさんあるし、実際、倒れる前のいびきは、ゴジラが鳴いているのではいかというぐらいだったので、無理しても連れていくべきだったなとは思うのですが、後の祭りです。手術は成功しましたが、当初は半身不随になるであろうと言われたほどの重症、リハビリを終えて退院時は要介護4、その後在宅とディサービスでのリハビリと、私の鬼の特訓の(いじめてると本人は言う)かいがあってか今は要介護1、たぶん今回は2になるかな?と言った感じですが、自分でごはん食べて、ゆっくりですがトイレに行けるようにはなりました。ただし、68歳にしてオムツのお世話になることになったのは、本人にとってはもっとも大きな屈辱でしょう。でも、病に"IF"はないのです。こういうのになったら終わり。つらいのは自分持ちです。
 父と私は、母とは真逆で「痛いでお医者、イタタで手遅れ!」というのが合言葉、おかしいなと思ったら、かなり早めに病院にも行きますし、主治医の先生がいて、定期的に検査もしていただいています。予防は大切です。
 とは言いながら、昨年の夏、父もしでかしてくれて、「肩がこる」とか「妙にだるい」と言って、整骨院とか内科には行っていたものの、実は、眼科「眼底の大動脈破裂」で失明まではしていないのですが、視野が欠けるようになってしまいました。二人の例をあげましたが、同居していても、体調がよくなさそうなことはわかっても、的確にその幹部がわからなければ、どうしようもありません。
 この時、父はなぜこんなことになったかというと、大きな要因はは母の介護で睡眠が十分にとれていなかったこと。無理はしないように言ってはいても、夜のトイレなどの時にどうしても、その都度起こされていたようで、その後はおしめにしてもいいから、できるだけ起きないで済むように対処しました。年齢的なこともあり、双方無理は禁物です。慢性の睡眠不足は病の元なのです。
 ちなみに私は、極度の睡眠不足になると些細なことでキレます(笑)なので短時間でも良質で効率のよい睡眠をとれるように、マウスピースをしたり、枕など寝具にも工夫をしたりしています。
 
 私が健康に気を付ける訳は、反面教師をみているからで、同じ道をできるかぎり歩かずに済むようにしたいからです。予防医療には少しお金はかかります。でも、大病をしてしまうと大金がかかって、自分のみならず、まわりも巻き込んで、その後の人生も楽しめないわけです。なので、防げるものは防いでしまいたいという思いがとても強いのです。嫌ですよね、しんどいのや痛いの・・・
 
 医療費の中には、無駄とも思えるものもかなりあるでしょう。日本は過剰医療の国、国民皆保険制度があり、老人と子供に手厚くするあまり、病院にかかる必要がない受診も多いと聞きます。病院に行く敷居が高くないのです。こういう無駄な医療は削れるような改革をし、もっともっと予防医療に力を入れ、知識を共有して、医療従事者方々の激務も改善され、適切な報酬があるようになればいいなと思います。
 
 人生はぴんぴんころりといきたいですね。
  
 
9日目  あほうさんはストレスとかないのかなぁ~ 
       寒くなってきたけど、それでも外がいいのかなぁ~?

f:id:annesea:20151007201238j:image