猫の名はプーチン~The silly alley cat's blog~

プーチンさんは元地域のボス猫 ロシアからじゃないけど愛をこめて(笑) ~大好きなSeattleと本と猫と寺社参拝と...その時の気分で書いてます~

新入りの野良猫・若頭ぶさこ♂さんは重瞳の貴人の相を持つ福猫である ~里親さん募集の営業活動中~

先日から我が家に居着いてしまってさあ大変の若い白猫♂

現在、家猫になろうと営業活動中でございます。

彼はとてもひとなつっこいのですが、それが仇になって嫌いな人にはひどい仕打ちをされるのですが、本人お構いなし(/・ω・)/

f:id:annesea:20200502135816j:image

そして、もうひとつの問題は右の瞳が2つあること。

これは重瞳(ちょうどう)というものみたいです。

ja.wikipedia.org
f:id:annesea:20200502135806j:image

「貴人の相」

明らかな異相であるが、特に古代の中国においては貴人の身体的特徴として表現されることが多い。

漢籍が多く入ってきた日本でも、これを承けて歴史上の有名人物を重瞳だったとする流説があり、後世のフィクションなどで、『壇ノ浦夜合戦記』で源義経が、幸田露伴の『蒲生氏郷』[1]豊臣秀吉が重瞳だったという設定になっていたりもする。軍記物の例では、『関八州古戦録』巻三において、常陸国久下田城城主の久下田蟠龍斎(水谷正村)の左眼が重瞳であり、「金骨の相」として記述されている。

古代中国の王には、重瞳に限らず常人とは異なった身体的特徴、たとえば、文王四乳といって乳首が四つあったといわれ、は三漏といって耳の穴が三つあったなどの伝承が多く残されている。このため、これらは後世における王の権威付けだったのではないかと言われている。

(Wikipediaより)
f:id:annesea:20200502135749j:image

彼は現在、ご近所さんの子供たちに営業活動を仕掛けておりますが、動物を飼うというのはそう簡単ではありませんね。

うちも、プーチンさんが家猫になるまでは長い道のりでした。 

annesea.hatenablog.com

 この後も、猫嫌いの母に隠すために2階で丸1年隠しておりましたww
f:id:annesea:20200502135837j:image

プーチンはその後、Wキャリアとわかるのですが、リスクを減らすための減量と、HB101とヤクルトで、毎日快便のお元気さんです。 

annesea.hatenablog.com
f:id:annesea:20200502135729j:image

若頭ぶさこ♂さん

顔が見たいという方もおられたので、ちょっと顔を拭いてみました。 

 プーチンさんが逃亡した時の簡易で使うボディータオルですが、鼻水のこびりついたのは取れたんですけど、目の周りのこびりついたのんは、お湯で温めたタオルか何かじゃないと難しいですね。
f:id:annesea:20200502135739j:image

頑張れぶさこ♂

 

★プーチンさんの日常★

本日は活動がいつもより鈍っていて、なんだか寝てばかりのプーチンさん

食欲は〇

うんにょは◎
f:id:annesea:20200502135719j:image
f:id:annesea:20200502135757j:image
f:id:annesea:20200502135826j:image